張り欠け

家相の知識

家相で重要なのは張りと欠けの見方|吉凶を分ける間取りとは?【方位別吉凶図】

張りと欠けについては、「張り」と「欠け」の判断基準は1/3がポイント|複合相って何?で説明しましたが、ここでざっくりおさらいすると、一辺の3分の1以内を構成している「張り」は吉相で、つき出た部分が3分の1を超えている「欠け」は凶相ということでした。

さらに深堀して、方位別に「張り」「欠け」の吉凶をみてみましょう。

雀鑑定士
家の形は運気を大きく左右するのじゃ。

 

家相の「張り」と「欠け」の定義

張り

張り」とは、家を上から見たときに突き出た部分で、一辺の3分の1以内を構成しているものを指します。

欠け

また「欠け」とは、その突き出た部分が3分の1を超えている場合に、欠けた部分を指します

 

張りは吉相となることが多いのですが、側面の3分の1以上だと張り過ぎで、その隣に位置する方位に欠けを生む原因となり凶相です。このように「張り」「欠け」の割合で吉凶がわかれます。

欠けは、その欠けている方位の象意とされる作用が悪い影響を及ぼすことがあり、財産を失う、人から損害を受ける、家族が欠けるなど決していい影響を与えません。とくに大きな欠けがある家は吉相の確保が難しいことから、さまざまな運を失ってしまうことにもなりかねません。

関連記事
張り欠け
「張り」と「欠け」の判断基準は1/3がポイント|複合相って何?

続きを見る

では、方位ごとに「張り」「欠け」のある家相例と特徴をみてみましょう。

雀鑑定士
家相において張り欠けは重要な要素じゃよ。方位別に吉凶が分かれるじょ。

 

東方位の「張り」「欠け」吉凶

東

東に張りのある家相

東側の張り

進展・発展を呼び願望を叶える家

東は太陽が昇るところ。東方位の張りは一日の始まりと同じく物ごとの始まりを意味します。家族が活力に溢れ、活き活きと成長していくでしょう。

また、東方位は長男の象意があることから、特に長男がいる家庭は張りの効力が倍増します。

  • 長男は一家の軽や権力を握り、発展成功することができるでしょう。
  • 男子に恵まれない家は、よいお婿さんが来て吉慶を得ることができるでしょう。
  • 中年から晩年にかけて運気が良好となり、長男の努力によって運気が上昇するでしょう。
  • 才能があり決断力に富んだ人物になりますが、多少短気な面もみられます。

 

東に欠けのある家相

東の欠け

向上心を失い、家族の発展も望めない家

東方位の欠けは、争いごとが絶えず家族のそれぞれが前向きになることができず衰退していく家になります。

またアレルギー疾患をおこしたり、怪我が多くなります。とくにトイレなどの不浄物があればさらに凶相となってしまいます。

男の子が育たない家となるので、長男がいる場合は病弱になったり、精神不安定になることもあるので注意が必要です。

  • 男子に恵まれず、授かっても活気がなく病気がちか頼りなく苦労させられるかもしれません。
  • 長男は家を出ることが多く、他郷にでて学んだり就職したりするでしょう。
  • 家族に肝臓病・精神疾患・神経痛・ぜんそくなどの病人がでるかもしれません。

対処法

欠けている部分の土地に花壇を作る

 

東南方位の「張り」「欠け」吉凶

南東

東南に張りのある家相

南東の張り

人間関係がよくなり商売繁盛をさせる家

東南の張りは「巽張り」といって福を呼び込む大吉相となります。ただし大きすぎる張りは欲深となるので、小さな張りがいいでしょう。

商売をしている場合は、信用がつき繁盛していきます。

東南方位は、長女の象位となるため、長女がいる家庭は張りの効力が倍増します。長女の部屋が東南方向なら交友関係もよく良縁に恵まれます。

  • 女の子は良縁に恵まれるでしょう。
  • 事業・商売・仕事は人脈に恵まれて発展するでしょう。特に遠方との取引交渉ごとが利潤を生みそうです。
  • 家族は健康に恵まれ長寿の傾向が強くなります。

張りすぎはNG

  • 人の2~3倍働いても利益が少なく無駄骨となったり過労から病気になったりしやすくなります。
  • 気位が高く、意地やわがままな気性が災いを招くことになってしまいます。
  • 社交性が過ぎて家を留守にすることが多くなり、外出好きになるでしょう。

 

東南に欠けのある家相

南東の欠け

縁に見放され商売で信用を失う家

東南方位の欠けは人間関係がうまくいかず人から裏切られる家になります。近隣トラブルにも巻き込まれ気苦労が絶えないでしょう。

商売されている場合は売り上げが伸びず社会的信用を失います。

家族の中に女の子がいたら、交友関係がうまくいかずに苦労します。とくに長女は良縁や子宝に恵まれにくくなります。

  • 仕事や商売はしだいに不振となり取引先から悪い知らせが届くこともあります。
  • 気力や精神力が弱まるため、業務や仕事、人間関係に影響を及ぼします。
  • 女の子の縁は不調に終わりがちになります。晩婚・再婚・出戻りのほか、嫁ぎ先でも苦労することもあるかもしれません。
  • 時期を失うため、昇進や活躍のチャンスがなくなります。自分から支障を招いていることが多い特徴があります。

対処法

欠けている部分の土地に玉竜(たまりゅう)を植える

 

南方位の「張り」「欠け」吉凶

南

南に張りのある家相

南の張り

富と名声が手にはいる家

太陽のエネルギーを一番吸収できる南方位の張りは、なにごとにも気力や勢力が盛んになり、家族みんなが明るく元気に成長できる家です。

明るく照らされていることから、世間の注目を浴びて活躍でき、地位や名誉を得ることができます。また先を見通して仕事運をアップさせさらにいい方向に向かいます。

南方位は次女の象位があり、この方位に次女の部屋も設ければ多くの人に好感をもたら、いい人間関係を築くことができます。

  • 感覚が鋭くなり、潜在意識下の影響を受けて才能や知力を発揮できるでしょう。
  • 文筆・芸術・絵画などに熱が入り努力と訓練をすることによってこの道を極める人物が現れるでしょう。
  • 中女(中年女性・次女など)の幸運によって、家族中が恩恵を受けることもあるでしょう。

張りすぎはNG

  • すべての行動がやり過ぎとなり逆効果になるでしょう。
  • 知的判断を超え、物事を感情的に判断してしまう傾向があります。
  • 理想や目的達成のために手段を選ばない傾向があります。

 

南に欠けのある家相

南の欠け

泥棒や詐欺に遭いやすく、家族間のトラブルも多い家

南方位の欠けは、太陽を隠す意味から陰気となり、災いが寄ってきやすくなります。また見た目は華やかにみえても出費がかさみお金が貯まらない家になります。

家族間でももめごとが多くなり、家族がバラバラになる心配があります。

特に次女がいる家では、目の病気や脳の病気に注意が必要です。またいじめにあったり人間関係で悩む家になります。

  • 社会性や生活において障害やトラブルが多く苦労することがあります。
  • 詐欺や盗難にも注意が必要です。
  • 目上の人や上司の引き立てを得ることができません。
  • 知恵や知識の足りなさから失敗し、不名誉な事件や訴訟問題に巻き込まれる可能性があります。
  • 家族に脳関係、眼病、胸部の病気、血圧系の疾患がでる可能性があります。

対処法

欠けている部分にウッドデッキを作る

 

西南方位の「張り」「欠け」吉凶

南西

西南の裏鬼門に張りのある家相

南西の張り

女性の勢力が強く男性の力が衰える家

西南方位の張りは、妻が働き者になり一家を支えることから、次第に夫が怠け者になっていく家です。また夫が突然失踪したり早死する可能性があります。

西南方位は大地なる母の象位があり、女性が強くなります。張りにすると嫁姑の女同士の争いが絶えない家になります。

  • 夫に先立たれたり、夫に遊び癖があったり、夫が怠け者になったりします。
  • 妻が権力を握り、女主人になる傾向が強いでしょう。
  • 男子に恵まれず、女系家族となりやすい傾向です。
  • 内助の功が活かされ、仕事や取引で信頼が増して発展するでしょう。

張りすぎはNG

  • 仕事運や職場環境に恵まれなくなります。
  • 女子に恵まれないでしょう。
  • 婚期が遅れたり、出戻りの傾向があります。

対処法

水晶を置く

 

西南の裏鬼門に欠けのある家相

南西の欠け

女性が病気にかかりやすい家

西南方位の欠けは、少々の欠け(1メートル四方)には害がありません。しかしそれ以上になると男性よりも女性に災いが生じる家となります。西日と暑さで昼間でもカーテンを閉めている状態が続くことにより不健康となります。

また家族のために頑張ろうという気持ちも萎えていき、育児放棄、親の介護放棄など家庭を守れなくなります。

特に母親は疲労がたまり、年齢よりも老けてみられ、無気力となります。

  • 女性は淡泊で、子どもや夫、友人関係においてシビアな性格になりそうです。
  • 家族の交流が少なくなり、陰気で温かみのない家庭となります。
  • 主婦の座、妻の座が欠けた状態となり、女性特有の母性愛や従順性が失われてしまいます。
  • 常に仕事への不満が絶えないでしょう。

対処法

欠けの部分に南天を植える

 

西方位の「張り」「欠け」吉凶

西

西に張りのある家相

西の張り

金銭に余裕ができ衣食住に困らない家

西方位の張りは、実りのある収穫をあらわし金銭的にも恵まれ収入アップから生活が安定する家です。

交友関係も広がり、来客や子どもの友だちがたくさん集まる家になります。家族の意思疎通もできて家庭円満となります。

西方位は三女の象位があり、この方位に三女の部屋があると人に対してやさしい心を持った子に育ちます。

  • 適当な張りは財運がアップし、雄弁家となって友人も多く、豊かな愛情を持つでしょう。
  • 金繰りや社交性がうますぎる傾向にあります。
  • 秋の実りと収穫を完全な喜びとして受け止めることができなくなりがちです。
  • 借財が重なることもあり、困窮することもあります。

 

西に欠けのある家相

西の欠け

仕事より遊びを優先、お金も貯まらず金銭トラブルを招く家

西方位の欠けは常にお金の苦労がつきまとい人に借金してしまう家となります。

人間関係でも信用がなくなり孤立してしまい、近隣のトラブルも起こりやすくなります。

三女がいる場合は、遊びに夢中になり本業や学業に身が入らなくなります。

  • 金銭苦・貧困・女難か色難などの問題が発生しやすくあります。
  • お金が貯まっても出費が多くなり家にお金が残りません。
  • 女子に恵まれることが少なく、病弱、短命、不良化など女子に伴う心労が絶えないでしょう。
  • 家族に呼吸器系や灰、口腔、耳鼻咽喉系を患う可能性があります。

対処法

欠けの部分に物置を設置

 

西北方位の「張り」「欠け」吉凶

北西

西北に張りのある家相

北西の張り

財力があがり、天からの恩恵を受ける家

西北方向の張りは、乾(いぬい)張りといって材を呼ぶ大吉相となります。ただし張りが大きいとバランスが崩れてしまうので小さい張りが望ましいです。

西北方位は、一家を支える父親の象位となるため、父親の部屋(書斎など)があると仕事や事業で成功しやすくなります。

神仏のご加護も受けて家運隆盛となるでしょう。

  • 収穫・収蔵の位置にあるため堅実的に財産を増やし一家安泰となるでしょう。
  • 物質運・金運に恵まれるでしょう。
  • 一家の主人はよく働き、権威がついて社会的にも認められる人物となるでしょう。
  • 家族にとって有益な人物との交流が約束されるでしょう。

 

西北に欠けのある家相

北西の欠け

事故やケガが起こりやすい家

西北方位の欠けは、主の権威がなくなり衰退していく家です。主が家にいても落ち着かず、精神的にも不安定となります。事業主であれば一番選んではいけない方位の欠けです。

事故やケガも多くなり、仕事にも影響をあたえ、家を手放す事態にもなりかねません。

  • 主人は無責任、変り者、または頑固者となり周囲の意見に耳を傾けなくなる傾向にあります。
  • 家業や仕事が多忙なわりに順調に進まず、これが自信喪失の原因となりすべての歯車が狂ってしまう可能性があります。
  • 父親の権威を失う問題が続出し、家庭不和、業務衰退、運気の不調など立て続けにあるでしょう。
  • 相続人(男子)に恵まれず、家が衰退の一途をたどる傾向にあります。
  • 家族に精神疾患、心臓、呼吸器系、健忘症などを患う可能性があります。

対処法

欠けている部分をふさぐように物置を設置する

 

北方位の「張り」「欠け」吉凶

北

北に張りのある家相

北の張り

夫婦円満・子宝に恵まれる家

北方位のほどよい張りは吉相となり、夫婦仲が良く、家族が楽しく過ごせる家です。

子孫繁栄をあらわし、子どもがたくさんできるでしょう。子どもが欲しい方は北方位の張りのある家にすることをおすすめします。

仕事では常に冷静な行動と判断力に優れることから信頼も得ることができます。

北方位は次男の象位があり、この方向に次男の部屋があるとスポーツと勉強の両方に優れ、リーダー的な存在になります。

ただし一間半以上の張りは凶相となるので注意が必要です。

  • 目下・部下・使用人に恵まれ、その働きによって家運の向上があるでしょう。
  • 中男(次男、中年の男性)が義理堅く、家財にも無駄を抑えて一家を再興するでしょう。
  • 目立たぬところでも真面目に働き、粘り強さがある家族が生まれるでしょう。

 

北に欠けのある家相

北の欠け

家族に病気が増え、後継者に恵まれず衰退する家

北方位の欠けは、寒々しい陰気を引き込む家となり、家族の仲が冷え切った関係となります。

夫婦が仲が悪くなり、家庭内別居という状態に陥りやすい家です。また子どもができない、子どもがいても病弱であったりして後継者に恵まれず一代限りとなることが多いです。

特に次男がいる場合は、異性とのトラブルや、引きこもりになったりするケースが心配です。

  • 部下運に恵まれず、仕事上の問題を起こして格下げになることもあるでしょう。
  • 営業不振、家庭不和の暗示があります。
  • 家財には無駄が多くなり、出費が多くなるでしょう。
  • 内臓に関する病気に苦しむことが多く、特に女性は子宮関係の病気に注意が必要です。

対処法

防犯ライトを設置する

 

東北方位の「張り」「欠け」吉凶

北東

東北の表鬼門に張りのある家相

北東張り

自己中心主義で親戚付き合いができなくなる家

東北方位の表鬼門の張りは、一番悪い大凶相の家となります。

欲が深く、自分さえよければ他人はどうでもいいと考えるようになります。人づきあいもなくなり、孤立してしまいます。また相続問題では強欲になり、親戚とのもめごとが絶えません。

  • 欲のかきすぎで財産を失うことがあります。
  • 地味な努力や堅実さを失ってしまい、何事にも現状に満足できず大きな失敗を犯す可能性があります。
  • 分不相応な背伸びや、地に足がつかない出来事に翻弄されることがありそうです。
  • 養子を迎えることが多いかもしれません。

対処法

欠けの部分に木製品を置く。鬼門の張りをなくすことで家族円満になる。

 

東北の表鬼門に欠けのある家相

北東欠け

後継ぎがおらず財運もなくなる家

表鬼門の欠けは気の流れが乱れ、家の中が不安定な状態となります。

跡継ぎが家を出て行ってしまい、連絡がとれない、事故に遭ってしまったなどで家が衰退していきます。

またお金も貯まらずに経済的にも崩壊していきます。特に三男がいる場合は病弱になりやすいです。

  • 物質欲に対して消極的であるため財産は貯まらず運気を開くことができないでしょう。
  • 名誉欲や出世欲はあるもののチャンスに恵まれず逆に悪い人に翻弄されることが多いでしょう。
  • 財力があっても有効に活かすことができず豊かな生活は望めないでしょう。
  • 男子や跡継ぎに恵まれず、養子縁組も不調の暗示です。
  • 家族に手足の疾患・腫れ物・関節病やケガをする人が出ることもあります。

対処法

欠けの部分にレンガを並べて欠けを囲う

 

真ん中あたりに欠けのある家相

中央欠け

家全体のエネルギーが抜ける家

中心あたりの欠けとは、家の中心にトイレ、階段、吹き抜けや中庭などがある家のことをさします。

またL 字の建物で、中心点が建物の外になるケースも大凶相となります。

家相では中心が欠けると火難の相といい、例えるなら家の中心に煙突があって空気が抜けていくさまと同じようなものです。

そのため仕事や受験に集中できず失敗しやすくなります。家の中心が欠けると、家族が安泰に生活できなくなります

  • 一家の主人に活気や気力がなくなり、陰気になります。または病弱になったり過労で急に倒れたりすることがあるかもしれません。
  • 主人や後継者が家を空けるようになり家に戻ることが少なくなります。
  • 一家の柱となる人の運気が後退することによって家庭が乱れ、家運が衰退、突発的な異常事態が起こることもあります。
  • 病気による苦難や災難がつづき、腹部・脊髄・目・精神障害・首から上の病で倒れることがあります。また急死や事故死には注意が必要です。

対処法

郵便受けを南西の角に置く

 

複数の欠けがある家相

複合の欠け

災いが倍増し一家離散となる家

建物に2カ所以上の欠けがある場合は、欠けている方位の凶作用が2つに増えるだけにとどまらず災いが倍増してしまいます。

中でも絶対に避けるべき複数の欠けは、表鬼門と裏鬼門の欠けです。金銭トラブルや人間関係でもめ事が多くなり、家族が崩壊し、一家離散となる家といえるでしょう。

対処法

他の各方位の対策法を参考にする

 

陽子さん
張りと欠けでは吉相が分かれてしまうんですね。張りも大きすぎないことが重要なんですね。
できるだけ凹凸が少ない家が吉相じゃよ。いまどきの真ん中に中庭があるコの字やロの字になっている間取りは大凶相となるのじゃ。
雀鑑定士
注目記事
家相画像
【家相の方位盤】家相盤の見方と使い方|吉凶を判断する4つの手順

続きを見る

 

家相の「張り」「欠け」方位別吉凶まとめ

  • 東、東南、南、西、西北の張りは吉相、ほどよい北の張りも吉相
  • 東北方位(表鬼門)の張り欠けは一番悪い大凶相
  • 中央の欠けは家相上でもっとも悪い大凶相

個人的な見解

張りと欠けについてみてきましたが、実はこの張り欠けの判断は非常に難しいです。

現代の住宅では張りや欠けのない四角形や長方形の建物などはほとんどなく、何かしら張りや欠けがあるものです。

しかもその張りは複雑で、張りの上に張りがある建物はどこまでであれば吉相で、どのくらいの大きさになると凶相となるのか判断に困ります。

また家相家によっては、建物の2分の1の張りは吉相と捉える方もおられます。(本来なら3分の1以上の張りは反対側の欠けとなるというのが通論)

ざっと街並みを眺めてみると、ほとんどの家の玄関まわりには何かしら張りや欠けがあり、その張りも建物の2分の1の割合を占めているものも多く見受けられます。

本来ならそれは欠けとみなすのでしょうが、突き出た部分が2分の1を張りと捉えていいなら、吉凶はまったく正反対の鑑定になってしまいます。

 

このように非常に判断が難しいというのが、家相。

 

私自身家を建ててから18年過ごしていますが、健康面や仕事、家庭環境など特に問題なく過ごせています。

実をいうと、家を建てて18年目にして初めて我が家の家相をみました。

それまでは家相のことなど気にせず、生活していたわけです。

 

私の家の間取りが大吉相の家相かといえば、残念ながらそうではなさそうです。

しかし重大な凶相部分もないようなので、まあまあ…といったところではないでしょうか。

 

家相を学んでいくと、迷信や占術といった類ではなく、きちんとした科学なのだと感じる部分も多々あります。

我が家の間取りと照らし合わせてみると、なるほど東向きのリビングは午前中のお日さまの光が心地よく、気持ちよく過ごせる…とか、北西にある私のパソコンブースは集中力を高めてくれ仕事がはかどる…とかいう家相を意識して配置したわけではない偶然の一致があります。

この知識は、知らないより知っていた方が絶対にいい。

しかも、家を建てる前ならなお知っておいて損ではない。

これが今の私の正直な感想です。

雀鑑定士
張り欠けの判断基準は、そこにいて「気」が落ち着くかどうかじゃ。要は居心地を考えろということじゃ。

 

 

家相の間取りに悩んだら間取りを作成してもらえる一括サービスが便利

家相を考慮して設計をしてくれる設計士さんを探すのは大変。

そこで家相相談や間取りプランの作成が無料でてきる一括請求サービスが便利です!

完全無料で利用できるタウンライフの間取り一括請求サービスを賢く使って理想の家づくりをしましょう。

ポイント

  • 無料で家相診断・相談・間取り作成をしてくれる
  • 家を建てるための必要な総費用がわかる
  • 複数社からの間取りと見積もりの比較・検討ができる

タウンライフの提案例

家づくり計画書

家を建てる地域と要望を伝え、お問い合わせをする会社を選択すると、後日プランや間取りがメールまたは郵送で届きます。

完全無料で相談、間取り作成をしてもらえるサービスです。家を建てるにあたり複数社の比較ができるのもいいですね。
コンシェルジュ家永
詳細記事
資料請求イメージ
無料で家相診断・相談・間取り作成してもらえるタウンライフの評判はどんな?怪しいのか検証

続きを見る

家相の診断・間取り作成はコチラ

信頼できる注文住宅会社が全国600社以上登録!

スポンサーリンク

-家相の知識

Copyright© 家相コンシェルジュ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.